【速報】用水路の中に身元不明の遺体 鹿角市大湯

NO IMAGE

 6日昼前、鹿角市大湯の用水路の中で、一部が白骨化した遺体が見つかりました。警察が身元などを調べています。

 警察によりますと6日午前11時20分ごろ、大湯川原ノ湯の用水路の中で、一部が白骨化している遺体を、釣りをしに来ていた岩手県の男性が発見しました。

 遺体は幅3メートル、水深数センチの用水路の中でうつぶせの状態で倒れていて、顔は水の中にひたっていました。

 またビニール生地の上下の服を着ていて、目だった外傷や衣服の大きな乱れはないということです。

 この近くに住む男性が数か月前から行方不明になっているという情報があり、警察が関連があるか、また遺体の死因を調べています。

 遺体が見つかった場所は大湯駐在所の北東およそ250メートルで、住宅地の一角です。