大館保健所管内、過去2番めの多さ 新型コロナ

大館保健所管内、過去2番めの多さ 新型コロナ

 秋田県の12日の新型コロナウイルスの新規感染者数の発表で、大館保健所管内で重症化リスクの高い人は31人が確認され、9月の発表方法の変更以降で2番めに多くなりました。

 それでは大館市、鹿角市、小坂町がある、大館保健所管内の発表の内容です。

 65歳以上や入院が必要な人など重症化リスクの高い人で新たに感染したのは31人で、前の日から4人増えました。

 保健所別の新規感染者数の発表は9月27日から重症化リスクの高い人だけに改められましたが、それ以降で2番めに多くなりました。

 また2日続けて前の週を上回っています。

 さらに、新たなクラスターが中学校、職場、高齢者施設で認定され、それぞれ10人、5人、9人の感染が報告されました。

 いっぽう、県内全体の新たな感染者数は、前の日より200人あまり多い千43人で、この1週間で3度めの千人超えとなりました。

(グラフはクリックすると見られます)