14日から山神社祭典 鹿角市尾去沢

NO IMAGE

 鹿角市尾去沢の「山神社(さんじんしゃ)祭典」が14日から2日間、尾去沢の市街地で開かれ、市指定の文化財「からめ節金山(かなやま)踊り」の奉納などが行われます。

 この祭典は、かつて日本一を誇った鉱山を見守った山の神に感謝するとともに、地域の平安を願おうと、地元の有志による実行委員会が毎年開いているものです。

 宵宮の14日は午後5時から、本祭りの15日は午前10時からの神前式で開幕します。

 各種の舞台演芸、催しが市民センターで行われ、このうちからめ節金山踊りは、両日とも午後5時半から予定されています。

 また、見どころの一つになっている創作踊り「かなやまソーラン」の披露が、15日午後2時からのパレードに続き、目ぬき通りで行われ、地元の小中学生や保育園児などおよそ200人でにぎやかします。

 このほか舞台の催しとして、歌と踊りの発表などが予定されています。

 実行委員会では、「かなやまソーランは地域活性化の一環で取り組み、いまや地域ぐるみで親しまれ、見ごたえあるものに成長しました」と見どころを紹介しています。