去年の人口減、過去10年で最多 鹿角市

NO IMAGE

 鹿角市の去年1年間の人口減少幅は689人で、過去10年で最も多くなりました。市が人口減少対策に長年、力を入れているものの、難しい局面が続いています。

 鹿角市の先月末の人口は2万9千169人で、おととし12月末の2万9千858人から689人減りました。

 鹿角市の1年間の人口減少幅は近年、400人台から500人台で推移していましたが、去年は700人に迫る大幅な減少となり、過去10年で最も多くなりました。

 なかでも6月までの上半期の減少が427人と多く、この数値も過去10年で最多です。

 また月別でみますと、年度末の3月に最も多い197人減っており、若者の進学や就職による市外への流出が大きな要因となっています。

 このため人口減少の抑制では、若者にとって魅力的な地域や職場をつくることが欠かせなくなっています。

 市では、「今年度にスタートさせた10年間の総合計画では、男女の出会いづくりや結婚の支援に特に力を入れることにしている。人口構造の若返りを図りたい」としています。