【速報】積雪、一晩で10センチ 鹿角市花輪

【速報】積雪、一晩で10センチ 鹿角市花輪

 冬型の気圧配置の影響で、鹿角市では雪が降り続いていて、花輪では一晩で10センチ積もりました。雪は今後も降る見込みで、気象台では大雪による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれへの注意を呼びかけています。

 秋田地方気象台によりますと、日本付近は冬型の気圧配置となっていて、秋田県では13日朝、雪が降っている所が多くなっています。

 鹿角市花輪では12日夕方から雪が降り続いていて、13日午前5時までの12時間で積雪が10センチ増えました。

 花輪の午前5時の時点の積雪は55センチで、平年の1.6倍となっています。

 また気温も12日未明から氷点下が連続していて、冷え込みが続いています。

 花輪旭町では、除雪車が寄せていった、家の前の雪の片付けに追われる人たちの姿が見られました。

 雪寄せをしていた70代の男性は、「けさも特別に雪が多かった。年をとって体が動きにくくなっているので雪寄せはたいへんですが、やらなければいけないので頑張っています」と話していました。

 気象台によりますと、東北地方では強い冬型の気圧配置は峠を越えましたが、14日は再び冬型の気圧配置が強まるため、14日にかけて大雪への注意が必要だとしています。

 14日午前6時までに予想される24時間の降雪量は、いずれも多い所で、東北地方の山沿いで50センチ、またその後、15日午前6時までで40から60センチなどと見込まれています。

 そのうえで14日にかけて、大雪による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれへの注意を呼びかけています。