国際交流員が帰国前に講話へ 鹿角市

NO IMAGE

 今月いっぱいで任期を終える鹿角市の国際交流員のハンガリー人が、帰国前に講話する催しが企画され、来場が呼びかけられています。

 鹿角市の国際交流員、ダンコー・アンドレアさんは3年あまりの任期が今月いっぱいで終わることになっています。

 これを機に、「鹿角の未来に国際交流のメッセージ」と題した講話をする催しが企画されました。

 講話では、アンドレアさんが鹿角市に滞在中に取り組んできた国際交流の行事などを写真とともに振り返ることになっています。

 また、アンドレアさんから市民に対するメッセージもあるということです。

 この催しは17日午後6時から、花輪のホテル茅茹荘で開かれ、無料で参加できます。

 お問い合わせは鹿角国際交流協会(電話22・6088)へお寄せください。