【速報】連日の暑さと湿度で食中毒警報 鹿角管内

NO IMAGE

 鹿角管内に対し3日、食中毒警報が出されました。家庭と事業者に食品の適正な管理を呼びかけています。

 食中毒警報は、細菌性食中毒の発生と密接に関わる前の日と当日の気温、湿度などを基に発表されていて、3日まで2日間の気温と湿度が特に高いことなどを理由に今回出されました。

 警報を出した鹿角食品衛生協会は注意点として、新鮮な食材の購入や、調理したものを早く食べること、また冷蔵庫は過信せず、温度は5度以下に設定するよう求めています。

 さらに台所やふきん、まな板、包丁の清潔を保ち、消毒や乾燥をするよう呼びかけています。

 いっぽう魚が原因の食中毒の予防として、十分な水洗いとしっかり熱を通すことを、またおにぎりなどが原因の食中毒については手や指の菌、傷への注意を挙げています。

 今回の警報の期間は3日午前10時からの24時間ですが、協会では「今週は気温の高い日が続くうえに、湿度も高いので、食品の取り扱いに十分に気をつけてほしい」と呼びかけています。

 鹿角管内でこの夏、食中毒警報が出されたのはこれが3度めです。