商品券の応募はがき、広報と配布 鹿角市

NO IMAGE

 新型コロナウイルス感染症の影響で冷え込んだ消費を呼び起こそうと鹿角市が発行するプレミアム付き商品券は、応募はがきが近く全戸に配布され、1日から申し込みが受け付けられます。

 プレミアム付き商品券の発行は、イベントや外出の自粛により大幅に減少した消費を促して、事業者の事業の継続を応援するとともに、市内の経済を早期に回復させようと、市が、過去最大の総額およそ6億円で行うものです。

 発行は2種類あり、一つは市内でこれまでも発行されてきた、店舗やスーパーなどで利用できる、買い物向けの「商品券」。もう一つは、飲食店や宿泊施設の食事で利用できる「飲食券」です。

 買い物向けの商品券は1セットを1万円で購入し、1万2千円分の買い物ができます。3万セットが発行され、一人10セットまで購入できます。

 また飲食券も1セットを1万円で購入し、1万3千円分が利用できます。1万8千セットが発行され、一人20セットまで購入できます。

 利用できるのは市民と、市内に職場がある人で、利用期間は8月1日から来年1月末まで。 また利用できる店舗は市内の登録店で、15日まで店舗の登録が受け付けられています。

 事務を取り扱うかづの商工会によりますと、応募はがきが29日の夕方以降、市の広報に織り込まれて各自治会に配布され、申し込みが来月1日に始まります。

 申し込みは来月15日で一旦締め切られ、応募が発行数を超えた場合は抽選が行われ、当選者に引換券が送られます。

 対して15日の時点で申し込みが発行数に達していない場合は、応募者に引換券が送られるとともに、残り分の応募が受け付けられます。