ことしの寝台車の宿泊体験を断念 小坂町「レールパーク」

NO IMAGE

 小坂町の鉄道のテーマパークで人気の、寝台特急の車両に宿泊できる体験がことし、新型コロナウイルス感染症の影響で中止されることになりました。

 「小坂鉄道レールパーク」では、「ブルートレインあけぼの」の寝台車に宿泊できる体験を5年前から提供しています。

 去年も関東からを中心に2千人あまりの利用があるなど、各種ある施設の体験メニューのなかで最も人気です。

 しかしことしは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、開始が予定されていた4月以降、施設が休館になっていました。

 そして施設が来月1日に再開されますが、寝台車の宿泊体験はことしいっぱい見送ることになりました。

 施設では、「あけぼのはどのような対応をしても三密を避けられない。レールパークの一番の稼ぎ頭だけに、営業面への影響はひじょうに厳しいものがある」としています。

 そのうえで、「ことし予約をいただいた方におわびをしており、再開できた際は真っ先にご案内するなど、再び大勢に楽しんでいただきたい」と話しています。

 寝台車の車両はことし、格納庫に置かれ、来園者が見学できるようにするということです。