【速報】個人情報を聞く不審電話続く 鹿角市内

NO IMAGE

 29日に鹿角市内で、個人情報を聞き出そうとする不審な電話が短時間に集中してあり、警察が注意を呼びかけています。

 鹿角警察署によりますと、不審な電話があったという警察への相談が、29日に4件相次ぎました。

 いずれも秋田テレビの職員を名のる男から、市内の個人宅にかかってきていて、「年金生活ですか」「家族はいますか」などと話してきたということです。

 相談があった4件の不審な電話は、29日の夕方から夜のはじめに集中していました。

 28日には、NHKの職員を名のる男からの不審な電話に関する相談が、県内で相次いでいました。

 警察では、個人情報を聞き出して犯罪に利用するための電話とみて、地域に対し、「個人情報は答えず、すぐに電話を切って、警察に通報してください」と呼びかけています。