小坂町の小中学校が全国表彰 教育奨励賞

小坂町の小中学校が全国表彰 教育奨励賞

 小坂町の小中学校が、町の担い手を育てる優秀な取り組みをしているとして、全国的な表彰で最高賞を受賞しました。この表彰で小中一貫校が取り上げられるのは、初めてだということです。

 この表彰は、特色ある教育で顕著な成果を挙げている学校をたたえようと、全国のニュースの配信などをしている「時事通信社」による第33回教育奨励賞です。

 小坂町の小坂小中学校が、全国で2校だけの優秀賞と、うち1校に贈られる最高賞の文部科学大臣奨励賞を受賞しました。

 小坂小中学校では、小中学校一貫の9年間をとおして、町の担い手づくり、町づくりに積極的に参加しています。

 主な取り組みとして、小学生たちが修学旅行先で町の魅力を発信したり、中学生たちが「模擬議会」で町長や幹部職員に活性化策を提案したりしています。

 受賞にあたり小坂町の熊谷隆益(たかえき)教育長は、「さらに工夫と努力を重ね、子どもと教職員たち一人一人が、希望を語る学校づくりをめざす」とコメントしています。


議会の本議場で行われた中学生模擬議会(去年11月)