湯瀬でことし一番の暑さ 鹿角市

NO IMAGE

 高気圧の影響で鹿角市内は19日も真夏並みの暑さが続き、八幡平湯瀬ではことしの最高気温を記録しました。

 秋田地方気象台によりますと、秋田県は19日も高気圧に覆われて、晴れました。

 鹿角市内では3日連続で、3か所ある観測地点のすべてで30度を超えました。

 それぞれの最高気温は、八幡平湯瀬がこの夏一番の暑さとなる33.4度。花輪は32.4度。八幡平トロコは30.4度を観測しました。

 このうち5日連続の真夏日となった花輪は、午前4時台に18.5度となったのが最も低く、午前11時に30度を超えると、午後5時台まで30度台が続きました。

 厳しい暑さのなか鹿角管内では、小坂町の道路工事の現場で作業をしていた20代の男性が熱中症の疑いで倒れて病院に搬送されましたが、症状は軽いとみられるということです。

 秋田県ではこのあと1週間、連日で真夏並みの暑さが続く見とおしで、関係機関が熱中症への警戒を呼びかけています。