【速報】除雪中の男性が落雪で重傷 鹿角市

NO IMAGE

 13日夕方、鹿角市花輪で、男性が屋根の上からの落雪の下敷きになり、大けがをしました。

 警察によりますと13日午後3時10分ごろ、花輪福士川で自宅敷地内の除雪をしていた83歳の男性が、屋根の上から落ちてきた雪の下敷きになりました。

 この事故で男性は、腰の骨を折る大けがをしました。

 男性はこの2時間ほど前から妻と敷地内の除雪をしていましたが、自宅の玄関の屋根の上から突然落ちてきた雪に下半身が埋まったということです。

 鹿角市内では今月に入りすでに4件の雪害事故が相次いでおり、警察では、「気温が緩むと落雪やなだれの危険があるので、除雪は決して一人ではしないでほしい」と呼びかけています。