【速報】不審なはがきが各地で多数 鹿角管内など

NO IMAGE

 架空請求詐欺の手口とみられる不審なはがきに関する警察への相談が、秋田県内で多数寄せられていて、注意が呼びかけられています。

 秋田県警察によりますと不審なはがきは、「民事訴訟最終通知書」などと銘打たれ、「連絡がない場合は給与などの差し押さえを強制的に履行する」などと不安をあおる内容が書かれています。

 これらが7日午前9時までの2日あまりの間に、鹿角管内の7件を含め、秋田県内で44件確認されています。

 これらに関する被害の報告は、7日午前9時の時点ではありません。

 警察では架空請求詐欺の手口とみて、地域に対し、「送金や連絡をする前に警察に相談してください」と呼びかけています。