新型コロナ初確認で臨時広報 鹿角市

新型コロナ初確認で臨時広報 鹿角市

 鹿角市は、市内でも新型コロナウイルスへの感染が確認されたことを受け、臨時の広報を作成し、感染予防の徹底をあらためて呼びかけています。

 臨時広報は19日に発行され、各世帯に順次配られることになっています。

 紙面では、感染予防策として、いわゆる三つの密を避けることや、マスクの着用、それに家庭や職場の換気など、基本事項をあらためて知らせています。

 また、感染した人へのひぼう中傷が、精神的に追い込んでしまうことや、受診、相談のちゅうちょにより感染の拡大につながるおそれがあるとして、しないように求めています。

 いっぽう、発熱などの症状がある人の相談先の一部が変更されたことも示していて、かかりつけ医がいる人は、コールセンターではなく、医師に直接電話で相談できることを説明しています。

 鹿角市新型コロナウイルス感染症対策本部では、「全国でまん延が進むなか、鹿角市で長い間、感染者がでなかったのは、市民の皆さんの努力の結果です。あらためて予防を徹底し、力を合わせて発生を防ぎましょう」と呼びかけています。

 鹿角市内での感染は、今月12日に初めてわかって以降、18日までに4人が確認されています。