再生可能エネを水素で利用 鹿角市が調査

NO IMAGE

 鹿角市は、地域に豊富にある再生可能エネルギーを水素に化学変化させて、エネルギーとして使う地域をつくれるかを探る調査を始めました。

 石油などと違い、資源に限りがない水力や地熱、風力などの「再生可能エネルギー」が、鹿角市には豊富にあります。

 いっぽうで、電線を使える量が制限されていることや、使わない電気をためておく蓄電池が高額で導入が進んでいないなどの課題があります。

 そこで市は、再生可能エネルギーを発電所から電線を通さずに使える仕組みづくりの一つとして、水素の活用に着目しました。

 そして、再生可能エネルギーで発電したエネルギーを電気分解で水素に変化させ、既存の電気や石油、ガソリンなどの一部に替えて使う地域がつくれるかを調査することにしました。

 国の低炭素社会づくりのモデル事業の一つに選ばれており、調査費を国から受けながら、来年3月までに、結果をまとめることにしています。

 調査は、研究機関とともに、水素の製造から利用までの方法やコストを調べ、実現性を探ります。

 水素をエネルギーとして活用する新たな取り組みとして、全国では、ガスや自動車などへの導入が始まっています。

 市は、「市内には再生可能エネルギーを豊富に生み出せる力があるにも関わらず、電線などの制約により、有効に活用できていない。再生可能エネルギーの導入を進め、地元の企業活動とも結びつけ、地域の活性化につなげたい」としています。

 今回のモデル事業ではこのほか、自家消費型や、市民ファンドによる太陽光発電システムなども調査する予定です。