放送局を名のる不審電話 秋田県で相次ぐ

NO IMAGE

 放送局の職員を装って個人情報を聞き出そうとする不審な電話が県内で相次いでいて、警察が注意を呼びかけています。

 鹿角警察署によりますと、放送局の職員を装った不審な電話があったという警察への相談が、県内で27日までの3日間で、4件続いています。

 このうち2件が、26日と27日に小坂町と鹿角市の家庭にかかってきたもので、NHKを名乗る男の声で、何人で暮らしているかや、年金などについて聞き出そうとしたということです。

 警察では、個人情報を聞き出して犯罪に利用するための電話とみて、地域に対し、「個人情報などを教えずにすぐに電話を切り、警察に相談してください」と呼びかけています。