鹿角きりたんぽFM

NEWS HEADLINE

  • 郵便局に来年の年賀はがき 鹿角管内
  • 高速道路で除雪車の出動式 東北道の十和田事務所
  • 移住者を歓迎する協賛募集 鹿角市
  • 夜間通行止めを開始 八幡平アスピーテの山頂周辺
サイマルラジオ
携帯・スマートフォンでの聴き方

番組紹介

おばんでかづの

おばんDEかづの

今日一日の情報と明日のお知らせが満載の2時間

まんまモリモリ

まんまモリモリ

お昼の時間を楽しく彩るバラエティ満載の2時間

あさまナビ

あさまナビ

月曜日から金曜日の朝を応援する地域情報満載の2時間

パーソナリティ

WEBスポンサー

  • オールイズ

    allis.jp - ホームページ・WEBシステム開発:ITコンサルタント:デザイン(毛馬内こもせ商店街)
  • 八幡平ポーク

    八幡平ポークHP
  • 社会福祉法人愛生会

  • ホテル鹿角 ブライダルフェア

    ホテル鹿角ブライダルフェア

番組バナー

  • アニソン店長

    アニソン店長
  • ミカとオーサトのマイジェネレーション

    ミカとオーサトのマイジェネレーション
  • ksc

    KSC公式ブログ
  • おんがく自由区ボックス

    おんがく自由区ボックス
  • 白鳥学園黒木寮

    白鳥学園黒木寮
  • みんなでつくる結婚式

    みんなでつくる結婚式

FMニュース

2017.10.12

甚句の歌の教室スタート 鹿角市の「毛馬内の盆踊」

 鹿角市の国指定無形民俗文化財「毛馬内の盆踊」で歌われる「甚句」の教室が始まり、幼児から大人までがのどに磨きをかけています。

 毛馬内の盆踊は、太鼓と笛のはやしで踊る「大の坂」と、歌に合わせて舞う「甚句」の2曲があります。

 甚句は戦国時代が起源と言われ、全国の甚句と同様に歌詞が7・7・7・5の形になっていて、豊作のお祝いや郷土の風物の紹介など60種類以上あります。大の坂にもかつて歌がありましたが、昭和初期に途絶えました。

 甚句の歌い手は鍛錬した地元の人たちが担っていますが、披露する時間がおよそ40分と長いため、盆踊りを運営する保存会では1人でも多く育てようと去年、教室を設けました。

 ことしも5か月間のけい古が11日夜に始まり、経験者の子ども3人と大人2人が参加して、1人ずつ順番に歌っては、音程や、間の取り方などを指導者から教わっていました。

 また、毛馬内の盆踊の甚句は一切の伴奏がない、いわゆる独唱のため間の取り方が難しいそうで、手拍子を打ちながら歌えるようになることが上達の鍵だということです。

 毛馬内下町(しもまち)の30代の女性は、「歌詞がたくさんあって、その一つ一つの意味をかみしめながら歌うところがおもしろいです」と話していました。

 また民謡を始めて3年めという小学1年の女の子は、「本番でしっかりと大きな声で歌って、みんなに笑顔になってもらいたいです」と張り切っていました。

 指導者の湯沢政幸さんは、「伴奏なしで歌うので、その人の個性や味わいが楽しめます。初心者でも数か月で歌えるようになるので、敷居が高いと思わず練習に来てください」と話していました。

 教室は2月まで第2、第4水曜の夜、十和田市民センターで開かれます。
甚句2

  • 株式会社長老森施工

  • 社会福祉法人愛生会

    鹿角市大湯温泉保養センター 湯都里
  • ホテル鹿角

    ホテル鹿角