鹿角きりたんぽFM

NEWS HEADLINE

  • 和井内氏、市議辞め立候補へ 6月の市長選
  • 鹿角のサクラの名所も開花 桜山公園は去年より2日遅れ
  • 産婦人科を守る会が請願 分娩受け付けの維持めざし
  • 空き家の適正管理で協定 市とシルバー人材センター
サイマルラジオ
携帯・スマートフォンでの聴き方

番組紹介

おばんでかづの

おばんDEかづの

今日一日の情報と明日のお知らせが満載の2時間

まんまモリモリ

まんまモリモリ

お昼の時間を楽しく彩るバラエティ満載の2時間

あさまナビ

あさまナビ

月曜日から金曜日の朝を応援する地域情報満載の2時間

パーソナリティ

WEBスポンサー

  • オールイズ

    allis.jp - ホームページ・WEBシステム開発:ITコンサルタント:デザイン(毛馬内こもせ商店街)
  • 八幡平ポーク

    八幡平ポークHP
  • 社会福祉法人愛生会

  • ホテル鹿角 ブライダルフェア

    ホテル鹿角ブライダルフェア

番組バナー

  • アニソン店長

    アニソン店長
  • ミカとオーサトのマイジェネレーション

    ミカとオーサトのマイジェネレーション
  • ksc

    KSC公式ブログ
  • おんがく自由区ボックス

    おんがく自由区ボックス
  • 白鳥学園黒木寮

    白鳥学園黒木寮
  • みんなでつくる結婚式

    みんなでつくる結婚式

FMニュース

2017.04.20

当初から複数ラベルを醸造 小坂町のワイナリー構想

 小坂町がことし秋のオープンをめざしているワイナリーの整備計画がまとまり、議会に示されました。複数のラベルの生産など、プランを当初の構想より充実させており、およそ4千万円の予算の追加案を示しました。

 小坂町では加工用のブドウが年間およそ40トン生産されていますが、町内にワイナリーはないため町外で醸造されており、町は、地元で製造、販売することで農家所得の向上や新規就農者の確保、そして観光振興につなげたい考えです。

 藤原地区の道の駅「こさか七滝」の隣接地にある、かつての町の体験農園の管理棟を改修して造り、ことし秋に収穫したブドウから仕込みを始める計画です。

 町は当初、事業規模を7千300万円と見込んでいましたが、アドバイザーの助言などを踏まえ、3千900万円の予算の追加案を20日に開かれた議員全員の協議会で示しました。

 説明によりますと、当初考えていた一般的なラベルのみの販売だけでなく、女性を中心に人気の甘口も含む複数のラベルを生産できるように、機器の追加が盛り込まれました。

 町では、「立ち上げ時は最小規模と考えていたが、小坂ワインの名を広めていくにはバリエーションが必要だと判断した」と説明しています。

 さらに、観光の機能を含む見学者への対応として、外構工事が加えられました。

 いっぽう年間の生産量について、オープン後しばらくは720ミリリットル入りで1万本を想定していますが、議会に対し、「経営を成り立たせるには、1つのめどとして5年後に2万3千本まで増やしたい」との目標を示しました。

 補正予算案は、今月25日に開かれる臨時議会で審議されます。
町議会2

  • 株式会社長老森施工

  • 社会福祉法人愛生会

    鹿角市大湯温泉保養センター 湯都里
  • ホテル鹿角

    ホテル鹿角